EurekaMoments

This is my studying logs about Autonomous driving, Machine learning technologies and etc.

ユニークな文字列かを判定するアルゴリズムの概要とJuliaサンプルコード

アルゴリズム図鑑 絵で見てわかる26のアルゴリズム作者:石田保輝,宮崎修一発売日: 2017/06/05メディア: Kindle版 目次 目次 目的 アルゴリズムの概要 Boolean配列を利用したアルゴリズム ビット演算を利用したのアルゴリズム Juliaサンプルコード Boolean配…

ラビン-カープ法による文字列検索アルゴリズムの概要とJuliaサンプルコード

プログラミングコンテストチャレンジブック [第2版] ~問題解決のアルゴリズム活用力とコーディングテクニックを鍛える~作者:秋葉 拓哉,岩田 陽一,北川 宜稔発売日: 2012/01/28メディア: Kindle版 目次 目次 目的 アルゴリズムの特徴と参考資料 サンプルコ…

Juliaでの基本的なユニットテストのやり方メモ

知識ゼロから学ぶソフトウェアテスト 【改訂版】作者:高橋寿一発売日: 2014/01/08メディア: Kindle版 目次 目次 目的 公式ドキュメント @testマクロによるユニットテスト @test_throwsマクロによるユニットテスト @testsetマクロによる複数テストのグループ…

JuliaとMatplotlibでグラフを作る際のハマりポイントとサンプルプログラム集

Juliaプログラミングクックブック ―言語仕様からデータ分析、機械学習、数値計算まで作者:Bogumił Kamiński,Przemysław Szufel発売日: 2019/10/19メディア: 単行本(ソフトカバー) 目次 目次 目的 JuliaのPlotsではなくMatplotlibを使う理由 JuliaからMatpl…

Juliaの開発環境構築手順と基本プログラミングのメモ

1から始める Juliaプログラミング作者:進藤 裕之,佐藤 建太発売日: 2020/03/26メディア: 単行本 目次 目次 目的 開発環境構築手順メモ 1. Juliaをインストール 2. IntelliJ IDEAのインストール 3. GitHubに専用リポジトリを作成 4. IntelliJを起動してリポジ…

書籍「SLAM入門」の読書録~センサフュージョンとループ閉じ込み~

SLAM入門: ロボットの自己位置推定と地図構築の技術作者:友納 正裕発売日: 2018/03/03メディア: 単行本(ソフトカバー) 目次 目次 目的 SLAMにおける退化とは 退化を防ぐためのセンサフュージョン ループ閉じ込みとは ソフト設計 センサフュージョン クラス…

書籍「SLAM入門」の読書録~ICPによるロボット位置推定~

SLAM入門: ロボットの自己位置推定と地図構築の技術作者:友納 正裕発売日: 2018/03/03メディア: 単行本(ソフトカバー) 目次 目次 目的 ICPの概要 スキャンデータ対応付けの概要 格子テーブル構造の概要 ロボット位置推定の概要 位置最適化の概要 ソフト設…

書籍「SLAM入門」の読書録~参照スキャンデータ編~

SLAM入門: ロボットの自己位置推定と地図構築の技術作者:友納 正裕発売日: 2018/03/03メディア: 単行本(ソフトカバー) 目次 目次 目的 参照スキャンデータとは 参照スキャン生成のソフト設計 基底クラス RefScanMakerBSクラスによる参照スキャン生成 RefSc…

書籍「SLAM入門」の読書録~スキャンデータの前処理~

SLAM入門: ロボットの自己位置推定と地図構築の技術作者:友納 正裕発売日: 2018/03/03メディア: 単行本(ソフトカバー) 目次 目次 目的 前処理の手法 スキャン点間隔の均一化 クラス設計 メソッド設計 スキャン点の法線の計算 クラス設計 メソッド設計 GitH…

書籍「SLAM入門」の読書録~スキャンマッチング編~

SLAM入門: ロボットの自己位置推定と地図構築の技術作者:友納 正裕発売日: 2018/03/03メディア: 単行本(ソフトカバー) 目次 目次 目的 スキャンデータの構造 ロボットとスキャンレーザの座標系 スキャンの歪み補正 スキャンマッチングの処理の流れ 0. 全体…

書籍「SLAM入門」の読書録~バックエンド編~

SLAM入門: ロボットの自己位置推定と地図構築の技術作者:友納 正裕発売日: 2018/03/03メディア: 単行本(ソフトカバー) 目次 目次 目的 クラス設計 メソッド設計 SlamFrontEndクラスからの呼び出し ポーズ調整 地図修正 GitHub 目的 書籍「SLAM入門」を参考…

書籍「SLAM入門」の読書録~フロントエンド編~

SLAM入門: ロボットの自己位置推定と地図構築の技術作者:友納 正裕発売日: 2018/03/03メディア: 単行本(ソフトカバー) 目次 目次 目的 フロントエンド部分が担う機能 スキャンデータによる地図生成と管理 スキャンマッチングによるロボット位置推定 ポーズ…

書籍「SLAM入門」の読書録~継承を利用したフレームワーク~

SLAM入門: ロボットの自己位置推定と地図構築の技術作者:友納 正裕発売日: 2018/03/03メディア: 単行本(ソフトカバー) 目次 目次 目的 オブジェクト指向フレームワークの採用 仮想関数の基礎 抽象クラスと具象クラス フレームワークを用いるクラス RefScan…

書籍「SLAM入門」の読書録~SLAM起動部分編~

SLAM入門: ロボットの自己位置推定と地図構築の技術作者:友納 正裕発売日: 2018/03/03メディア: 単行本(ソフトカバー) 目次 目次 目的 SLAM実行を統括するクラス: SlamLauncher クラス設計 MyUtilクラス Pose2Dクラス LPoint2Dクラス Scan2Dクラス SensorD…

書籍「SLAM入門」の読書録~システム概要編~

SLAM入門: ロボットの自己位置推定と地図構築の技術作者:友納 正裕発売日: 2018/03/03メディア: 単行本(ソフトカバー) 目次 目次 目的 関連記事 SLAM問題 SLAM問題における不確かさ SLAMにおける2種類のアプローチ ベイズフィルタを用いるSLAM カルマンフ…

PlantUMLでソフトウェア開発のガントチャートを作る方法

UML

かんたん UML入門 [改訂2版] (プログラミングの教科書)作者:竹政 昭利,林田 幸司,大西 洋平,三村 次朗,藤本 陽啓,伊藤 宏幸発売日: 2017/07/01メディア: 単行本(ソフトカバー) 目次 目次 背景・目的 従来のガントチャート作成方法の問題点 エクセルで作る…

JetBrains製IDEとMarkdown + PlantUMLでドキュメント作成する方法とVSCodeとの比較

UML

独習UML 第4版作者:株式会社テクノロジックアート発売日: 2019/11/01メディア: Kindle版 目次 目次 背景・目的 前提条件 環境構築手順 Markdownでドキュメントを書く プレビュー表示について 目次の作成について 画像の貼り付けについて PlantUMLでUML図を描…

Tリーグの試合データをスクレイピング+CSV保存するために調べた事のメモ

Pythonクローリング&スクレイピング[増補改訂版] -データ収集・解析のための実践開発ガイド作者:加藤 耕太発売日: 2019/08/10メディア: 単行本(ソフトカバー) 目次 目次 背景・目的 参考資料 Pythonプログラム チーム間、選手間の対戦成績 + 各試合の得点…

状態空間モデルから伝達関数モデルへの変換の基礎とPythonプログラム

マンガでわかるシーケンス制御作者:和弘, 藤瀧,ヤマ, 高山,トレンドプロ発売日: 2008/10/01メディア: 単行本 目次 目次 背景・目的 伝達関数とは 時間領域とs領域 時間領域からs領域への変換 Pythonサンプルプログラム GitHubリポジトリ 参考資料 背景・目的…

ロボット制御モデルの可制御・可観測判定の基礎とPythonプログラム

演習で学ぶ基礎制御工学作者:森 泰親発売日: 2014/10/04メディア: 単行本(ソフトカバー) 目次 目次 背景・目的 判定対象とするモデル 事前知識 可制御の判定とサンプルプログラム 可観測の判定とサンプルプログラム GitHubリポジトリ 参考資料 背景・目的 …

GitHubで管理するコードの質を高めるために取り入れた各種クラウドサービスのまとめ

ITサービスのためのアジャイル ―OSSを用いた開発・運用の自動化―作者:片岡 雅憲,小原 由紀夫,光藤 昭男発売日: 2019/07/13メディア: 単行本 目次 目次 背景・目的 CodeFactor LGTM Travis CI Coveralls Appveyor 背景・目的 こちらのOSSプロジェクトを始める…

GitHub上のコードを自動レビューしてくれるクラウドサービスCodeFactorの使い方

ソフトウェア・レビュー技術―基礎から実践までのノウハウ作者:織田 巖メディア: 単行本 目次 目次 背景・目的 CodeFactorとは アカウント登録 利用プラン 対応言語 基本画面 レビュー結果 指摘箇所の修正 READMEへのバッジ貼り付け 背景・目的 最近こちらのO…

ロボットを制御するためのモデル化の基礎とPythonプログラム

Pythonによる制御工学入門作者:裕樹, 南発売日: 2019/05/22メディア: 単行本 目次 目次 背景・目的 対向2輪型ロボット モデル化 前提条件 状態変数の定義 入力の定義 出力の定義 Pythonプログラム GitHubリポジトリ 参考資料 背景・目的 ここ最近、制御工学…

GROOVE Xが開発したLOVOTの記事を読んだ感想と気になったとこのメモ

自律走行ロボットの制御技術 -モータ制御からSLAM技術まで- (設計技術シリーズ)作者:正木 良三発売日: 2018/12/19メディア: 単行本 目次 目次 背景・目的 読んだ感想 ROSのPub/sub通信のオーバーヘッド MongoDBとMariaDB PythonからMongoDBを利用するpymongo…

卓球の試合における得点確率のベイズ推定を考える

図解・ベイズ統計「超」入門 (サイエンス・アイ新書)作者:涌井 貞美発売日: 2017/09/14メディア: Kindle版 目次 目次 背景・目的 スポーツにおけるベイズ推定 卓球の試合で予測したい確率とは 得点率を予測する一連の流れ 0. 戦術の分類を定義する 1. 相手が…

Dockerコンテナ上のPythonスクリプトから出力したmatplotlibのグラフをホストPC側で表示する方法

試して学ぶ Dockerコンテナ開発作者:櫻井 洋一郎,村崎 大輔発売日: 2019/07/25メディア: Kindle版 目次 目次 背景・目的 1. ホストPC側にVcXsrvをインストールする 2. コンテナ作成の準備をする 3. コンテナからXサーバへの接続設定をする 4. Xサーバ側の接…

PyCharmとDockerコンテナを接続してPythonスクリプトを実行するまでの手順

Kubernetes完全ガイド impress top gearシリーズ作者:青山 真也出版社/メーカー: インプレス発売日: 2018/09/21メディア: Kindle版 目次 目次 背景・目的 コンテナ側のPythonを使うメリット PyCharmとDockerコンテナの接続手順 1. DockerデーモンとのTCP/IP…

UbuntuとAnacondaを自動インストールしてPython環境を構築するDockerfile

Docker作者:Adrian Mouat出版社/メーカー: オライリージャパン発売日: 2016/08/17メディア: 単行本(ソフトカバー) 目次 目次 背景・目的 Dcokerfileに記述したい内容 作成するための環境 1. Ubuntu18.04のベースイメージを取得 2. 「wget」, 「sudo」コマ…

Dockerの基本操作を学びながらUbuntu+Python 3.7の環境を構築した手順のメモ

Docker/Kubernetes 実践コンテナ開発入門作者:山田 明憲出版社/メーカー: 技術評論社発売日: 2018/08/25メディア: 単行本(ソフトカバー) 目次 目次 背景・目的 参考資料 既存のDockerイメージの確認 Ubuntuイメージをダウンロード コンテナの一覧を確認 コ…

躓きながらWindows 10にDockerをインストールした苦労話

プログラマのためのDocker教科書 第2版 インフラの基礎知識&コードによる環境構築の自動化作者:WINGSプロジェクト阿佐 志保出版社/メーカー: 翔泳社発売日: 2018/04/11メディア: Kindle版 目次 目次 背景・目的 試した環境 手順のメモ 1. Docker for Windows…